EN | JA

2020年、
「日本初」が始まる
※新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、正式開業時期を現在調整しております。

『大洲城キャッスルステイ』は日本政府観光局(JNTO)の
「Your Japan 2020」キャンペーン特別プログラムに選定されています。

『城』に泊まる

日本初、木造天守での宿泊体験

通常は一般公開している大洲城の完全復元の木造天守に宿泊いただけます。また1617年の城主、加藤貞泰の入城シーンを再現。目の前で観覧いただく他、国の重要文化財「臥龍山荘」での殿様御膳を堪能するなど、城主になった気分を体験いただける宿泊企画です。

\初年度 30泊30組様限定!/
DISCOVER

『城下町』に泊まる

城下町の歴史的な邸宅での宿泊体験

大洲の街は城下町の風情を残しています。その城下町に点在する歴史的に価値の高い邸宅などを宿泊施設にリノベート。大洲城をアイコンにした、まちの魅力を存分に楽しんでいただく、宿泊体験をお届けします。

DISCOVER

伊予小京都、大洲のまち・魅力

肱川を中心とした城下町をまるごと楽しむ

伊予の小京都と言われる大洲は、肱川流域にある大洲城を中心とした、魅力のスポットが満載のまちです。江戸時代の城下町の風情が残る歴史的な邸宅群、明治の豪商が構想10年建築4年かけて作った臥龍山荘、昭和の雰囲気を再現した駄菓子屋さんが連なるポコペン横丁や、NHK朝のテレビドラマのシーンにも登場するおはなはん通りなど、様々な時代を感じさせてくれます。

大洲城、城下町ホテルでの宿泊を通して、まちの文化に触れその魅力を体感ください。

大洲城

肱川の河畔に望むまちのシンボル。一度は老朽化で廃城となった天守閣を、大洲市民の保護活動と寄付によって完全復元。古写真や天守雛形(江戸期の木組みの模型)が残っていたことから、当時の姿に木造で正確に復元された全国でも貴重な天守閣。

臥龍山荘

臥龍山荘は肱川流域随一の景勝地「臥龍淵」に臨む、明治の貿易商河内寅次郎が10年かけて築いた山荘です。臥龍院、不老庵、知止庵の三つの建築物からなる三千坪の敷地は、肱川の流れを感じながら、凛として荘厳な世界観に包まれています。

おはなはん通り

NHK朝のテレビドラマ「おはなはん」のロケが行われた場所として、その名前がつけられました。元は江戸時代の町割りや家屋が残る通りで、北側に商屋、南側は武家屋敷で、その風情を感じることができます。

ポコペン横丁

昭和30年代を再現した懐かしさが漂う横丁を再現。ホーロー看板や軒を連ねるお店、個性的な店主によりレトロ空間が演出され、中華そば、コロッケ、焼き鳥などの懐かしの味や、骨董品、おもちゃ、雑貨などが体験できる。

おおず赤煉瓦館

明治34年に大洲商業銀行として建てられ赤煉瓦の建物。現在は風格ある外観をそのまま活かし、観光施設として活用され、大洲の特産物や、地元の作家による手づくりの和小物、陶芸、カントリー雑貨等を販売している。

少彦名神社

一寸法師のモデルともされている少彦名命を祀った神社。医薬の神様として知られており、愛媛では大国主の命と共に道後温泉を発見した後、大洲の地にたどり着き、ここに亡骸を祀っているとされている。

如法寺

冨士山(とみすやま)中腹にある国の重要文化財に指定される禅寺。2020年に創建350周年を迎え、日本古来の建築様式美、長い年月が作り出す自然との調和が生み出す癒しの空間となっている。

『城』に泊まる

日本初、木造天守での宿泊体験

ヨーロッパでは古城を改装したホテルに宿泊できるホテルが数多くあります。ここ大洲では、城そのものに宿泊が可能です。大洲城は老朽化が原因で明治時代に一部を残して、天守閣が廃城となりましたが、大洲の地元住民の保全活動や、市民の寄付により完全復元。当時の古写真や木造雛形が現存していたことから、木造での完全復元が可能となったお城です。

そのため、当時にタイムスリップしたような気分になれる、歴史そのものに泊まる体験をいただけます。また宿泊だけでなく、1617年の城主、加藤貞泰の入城シーンを再現。幟隊の歓迎から鉄砲隊による祝砲、宿泊者には馬で入城する城主をサポートする影武者の役割を体験していただけます。また、国の重要文化財「臥龍山荘」での殿様御膳を堪能するなど、城主になった気分を体験いただける宿泊企画です。

1. 法螺貝の合図とともに、入城。大洲城に鳴り響く中、入城シーンがスタート。

2. 貞泰の入城を待ち、幟隊が待機します。幟を振って迎えます。

3. 米子藩から大洲に入城する、城主加藤貞泰を待つ家老をはじめとする幟隊、鉄砲隊。

4. 城主・加藤貞泰が馬に乗って入城。お客様は影武者を任ぜられ、城主証を授与。

5. 貞泰の号令とともに、鉄砲隊による祝砲が放たれます。

6. 家老による大洲城の案内。古地図を元に肱川流域を中心とした大洲の町を案内。

7. 大洲の伝統芸能を観覧。山鳥坂鎮縄神楽や鵜飼など希望によってカスタマイズも可能。

8. 夕食は大洲の食材を生かしたフルコースを堪能いただきます。

9. 当時のように、高欄櫓で月見をお楽しみいただきます。

10. 二の丸に設置された浴室でライトアップされた大洲城を眺めて入浴。

11. 時の城主加藤貞泰も本丸で過ごしたとされる。天守1階に障子と畳敷きで。

12. 2日目の朝は国の重要文化財、臥龍山荘に。貸切で景勝地を堪能いただきます。

13. 朝食は饗応料理として殿様御膳を存分に。

ご料金

\初年度 30泊30組様限定!/
2名1泊 1,000,000円
1名追加毎に+100,000円

※上記に加えて、消費税10%を頂戴いたします。
※2〜6名様のお客様のみ受付

体験内容

大洲城での貸切宿泊

「1617 加藤貞泰の入城」体験
着物・甲冑レンタル及び着付け、鉄砲隊、幟隊、引き馬等含む

伝統芸能(雅楽等)

ご夕食

月見体験

臥龍山荘の早朝貸切・殿様御膳

松山空港・JR駅へのご送迎

ご予約の流れ

  1. お電話・予約フォームでのお問合せ
  2. お電話またはメールでの
    日程・体験内容の詳細お打ち合わせ
  3. お振込
  4. 予約完了

お電話でのご予約

VMG総合窓口(11:00〜20:00)
0120-210-289

フォームでのご予約

ご予約フォームはこちら>

『城下町』に泊まる

大洲のまち全体がホテル
歴史的価値ある邸宅で宿泊体験

大洲の町に点在する歴史的な邸宅をホテルにリノベート。
その建築が持つ元々の良さを最大限に生かし、利便性は現代風にアレンジ。
レセプションでチェックインいただくと、客室棟にご案内いたします。
夕食までの時間、まちを散策ください。VMGコンシェルジュがお客様のご要望に合わせて、大洲の見どころをご案内致します。
夕食はレストランに。大洲の特産品をふんだんに使用したフルコースをお楽しみいただけます。
2日目は朝から国の重要文化財、臥龍山荘でお茶会をお楽しみいただくなど、大洲ならではのユニークな体験をお楽しみいただけます。

お電話でのご予約

VMG総合窓口(11:00〜20:00)
0120-210-289

フォームでのご予約

ご予約フォームはこちら>

アクセス

大洲城

〒795-0012 愛媛県大洲市大洲903
※ 大洲城へのご宿泊のお客様は松山空港、またはJR駅までご送迎いたします。

大洲城城下町ホテル

※ 大洲市内に点在